Webサイト開発にはChromeを使う事が多いですが、Safariにも「開発」メニューを出す機能があり、Webインスペクタが使えます

これはiOS版のSafariにもある機能で、iPad等をUSBで繋いでおくと、各種確認がリアルタイムで可能になります。

スイッチはここ
Safari
環境設定でONにするだけ


これで、USB接続したMac側のSafariの開発メニューに「〜〜のiPad」と表示され、
Safari
iPad側でなにかWebを表示した状態で、メニューを選択するとWebインスペクタが開き、リモートデバッグ出来ます。

iPadを主なターゲットにしたWebアプリ開発など、以外と需要が大きそうな機能です。