Androidアプリ講座Androidアプリ講座

山本麻美 のAndroidアプリデザイン入門

講座レベル1

※SketchまたはAdobeXDを使った制作実習があります。Sketch, XDの基本機能や操作についての解説はありませんのでご注意ください。

マテリアルデザインのAndroidアプリデザインについて学習します。
マテリアルデザイン=Androidアプリのデザインテンプレートのように認識されがちですがそうではありません。
マテリアルデザインはクロスプラットフォームで統一したUXを提供するためのデザインシステムです。

山本麻美

Material Designのモバイルアプリデザインを始めるには、まずMaterial Designの基本を知ることから始めましょう。

GoogleのMaterial Designは非常に優れたデザインシステムで、広範囲に渡って様々なことが詳細に定義されています。

一例として、Material Designのコンポーネントはよく見るとそれぞれにシャドウの深さが微妙に異なっています。それは、”Elevation” という考え方があるからです。しかし特別に難しい概念ではありません。日常の様々な「物」がどう存在しているのかに立ち戻って考えるとすんなりと理解できるように出来ています。

本講座は、Material Design入門編として、よく使うコンポーネントを中心にその用途や実際の使い方を学習します。


修了目標

本講座ではMaterial DesignのAndroidアプリデザインの基本的な知識を身に付け、実践的なUI設計を学習します。

  • Material Designの特徴や概念がわかる
  • AndroidアプリにMaterial Designを採用するメリットがわかる
  • Googleのデザイン関連ツールの活用方法がわかる
  • Material DesignのUIコンポーネントと用途がわかる
デザイン画面
お得なプリペイド受講チケット

カリキュラム概要

  1. Androidアプリデザインの基本
    • iPhoneと異なるAndroidデバイスの特徴を知る
  2. Material Designの基本
    • Material Designの目的
    • Material Designの概念
    • コンポーネント
  3. デザイン関連ツール紹介
    • Material Icons (Google)
    • Design kit for Sketch (Google)
    • Color Tools (Google)
    • Color Palette Generator (Google)
    • Material Designキット (Adobe)
  4. Androidアプリデザイン実習
    • Material Designコンポーネントによる画面設計
  5. 使いやすいUIの考察
    • マテリアルデザイン コンポーネント のカスタマイズ
    • 独自コンポーネント
山本麻美

*カリキュラムの進度および内容は、受講者全員の理解度・習得度によって変更される場合があります。


使用OS
Mac
※普段使用しているOSと異なっている場合でも講座内容の習得に大きく影響はありません。
PCの持ち込みも可能です。講座内で使用するソフトウェアの設定、環境構築をしておくようお願いします。
講師
山本麻美
定員
6名
対象
SketchまたはAdobe XDを使ってAndroidアプリのデザインをしたい方
Material DesignのAndroidアプリデザインを始めたい方または初心者
会場
ロクナナワークショップ
東京都渋谷区神宮前1-1-12 原宿ニュースカイハイツ 204号室
JR山手線「原宿駅」・東京メトロ副都心線「北参道駅」から徒歩7分

受講料

29,800円(税込み)

受講料には、テキストやノートPCの使用料金などを含んでおります。入会金などは一切必要ありません。

最大30%OFFまでの割引あります

  • 早割30
  • 早割10
  • 遠方割
  • 学割
  • 主婦割

開講日・お申し込み

この講座には現在募集日程がありません。次回開講日程は 67WSカレンダー共有 などでご確認ください。また、企業研修などで開講をご希望の場合はお気軽に ご相談 ください。

受講希望の方は 受講規約 および よくある質問 のページを閲覧していただき、ご了承の後にお申し込みフォームからお申し込みください。また お申し込みの流れ もご参照ください。


  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook