PROFILE

古堅真彦 フルカタ マサヒコ

武蔵野美術大学 視覚伝達デザイン学科准教授

写真:古堅真彦

奈良出身。ソフトウェアには gam , mifi 等をリリース。IPA (独立行政法人情報処理推進機構)より2004年度下期「天才プログラマー/スーパークリエータ」に認定。

コンピュータとデザインの関係について研究している。
最近は「画面上の動き」と「アルゴリズミックな思考」が主な研究テーマ。「アルゴリズミックなデザイン」や「プログラミングを使ったデザイン」をテーマに執筆や講義,共同研究を行ったりしている。また,研究成果は世の中に直結させることが必要と考え、研究成果をアプリケーションソフトウェアに落とし込み、世の中に頒布したりしている。


ロクナナワークショップ


    おもな講演


    おもな受賞暦


    おもな展覧会


    おもな執筆

    新講座や新しいキャンペーン情報などをいち早くお知らせします。