PROFILE

神森勉 カミモリ ツトム

マークアップエンジニア、テクニカルライター、テクニカルトレーナー アンカーテクノロジー株式会社 新規開発事業部 テクニカルディレクター

写真:神森勉

都内総合商社の営業マン時代にMacと出会い、転勤先の静岡で退職しDTPオペレーターへ転身。勤務先の印刷会社で同僚2人と一緒にweb部門を設立。いくつかのwebサイトを手がけ、その後web制作会社へ。マークアップエンジニアとして、CSS・webアクセシビリティの実装を積極的に行っていく。現在は、アンカーテクノロジー株式会社にてテクニカルディレクターとして、情報設計やガイドライン作成、また後身の育成に努めている。web標準の実装を Dreamweaverで行うことを目的とした実験サイトとして個人サイトT-STUDIOを公開中。CSSによる実装はもちろん、 Dreamweaverの機能であるサーバー系連係機能の実装実験も行っている。

2001年4月、MdNの特集記事にてテクニカルライターデビュー。2002年8月に「CSS+HTML RECYCLE BOOK」を発刊。2003年1月よりWebCreators誌にて「今すぐはじめるCSSデザイン」の連載を開始し、2004年、2005年にはWeb Desigining誌にて、Dreamweaver MX 2004を活用したCSSデザインの記事を執筆。2005年1月と7月にMdNより発売中のムック「プロとして恥ずかしくない」シリーズへ寄稿。2005 年1月、Web Site Expert誌のアクセシビリティ特集にて記事を寄稿。

2003年6月にマクロメディア主催のContributeご紹介セミナーにて講師デビューを果たす。続く9月のContribute2アップグレード、ご紹介セミナーの講師を行い、11月にDreamweaver MX 2004アップグレードセミナーを担当。2004年7月にマクロメディアアクセシビリティセミナーにてパネルディスカッションのパネラーとして参加。同年11月より、デジタルスケープにて「構造化されたwebデザインのためのコーディング講座」の講師を担当。2005年3月より、m-Schoolで「Contribute 3ではじめるwebアクセシビリティ入門講座」、8月より「DreamweaverではじめるCSSデザインテクニック講座」の講師を担当。


ロクナナワークショップ


    おもな制作


    おもな執筆

    『 WebCreators/今すぐはじめるCSSデザイン 』連載